BL(ボーイズラブ)マンガを紹介、熱く語ります。

【ボーイズラブ】絶倫地獄~もう一度、俺の子を身ごもれ。 スマホ専用

2018.03.29

【ボーイズラブ】絶倫地獄~もう一度、俺の子を身ごもれ。 スマホ専用 はコメントを受け付けていません。

2018年7月25日更新

【ボーイズラブ】絶倫地獄~もう一度、俺の子を身ごもれ。

保育士のりょうは、地獄からやってきた鬼・阿録(あろく)によって犯されてしまう…阿録は地獄での日々を語るも、りょうは何も覚えていない…

 

▽画像タップ▽※スマホ

「絶倫地獄」で検索すると出ます。

 

 

 

作品情報

【作者】  もちゃろ

【配信元】 コミックシーモア

【配信数】 5巻(7/25現在)

【価格】  150円/巻

▽画像タップ▽※スマホ

「絶倫地獄」で検索すると出ます。

 

 

「りょうせんせい~」と幼い子どもたちに好かれる保育士が主人公です。

熱っぽいこの日、

園児が外にいる何かに気づき、りょうが行ってみると

そこにいたのは…

 

変わった姿の男性…鬼の阿録(あろく)。

 

 

りょうを「余ノ助」と呼びます。

 

 

熱っぽくて倒れるりょうを、全裸にして

 

キスしたりお尻をなめたり…

 

何も知らないりょうは涙を流します…

 

 

地獄の看守長、阿録(あろく)は

 

地獄での余ノ助は、阿録の子を身ごもったとのこと。

 

鬼の精子は、男性も妊娠させてしまうと…

 

もう一度身ごもれ…

 

りょうには全く記憶になく、犯されるままに…

続きは本編でお楽しみください。

 

▽画像タップ▽※スマホ

「絶倫地獄」で検索すると出ます。

 

「絶倫地獄~もう一度、俺の子を身ごもれ。」が読める電子サイト

 

スマホで閲覧することができる電子サイトは、出かける時に荷物になりません。電車やバスに乗る時も、重たいコミックを何冊も抱えていたのは昔の話。今では、スマホ1台あれば、何万冊でも読むことができます。

 

マンガは、少女系からスポーツ系、青年向け、アダルトなどなど、とにかくいろんな分野があります。その日の気分で、いろいろと漫画を楽しみたい方には、電子サイトをおススメします。

 

サービスの具体的な中身は、提供会社によって変わります。

この「絶倫地獄~もう一度、俺の子を身ごもれ。」を配信しているコミックシーモアでは、無料試し読みがあるだげでなく、期間限定の無料マンガも豊富にあり、お財布に優しい電子サイトです。月額制の会員登録をすると、ストーリーすべてを読むことができますし、最新刊が出てわざわざ書店に行っても欠品だった、ということがなくなります。その場ですぐ、読むことができます。時間も節約できるんです。

 

読み終わった後、面白くなかった、ということがあっても漫画の返品はできません。なので、無料試し読みから読むことを強くおススメします。

 

1つでも電子サイトを自分のものにしてしまえば、つまり会員登録していれば、暇でつまらない時間を過ごす、なんてことがなくなると思います。一人でランチしているときも、電車やバスの中で過ごしているときも、電子サイトでマンガを楽しむことができるからです。

 

マンガ大賞とか、書店員おススメのマンガとか、気になる漫画はいっぱいありますよね。わざわざ1巻まるごと購入する前に、まずは電子サイトで無料試し読みをしてから、こういう内容なんだなぁというのを確かめると、無駄な買い物はなくなります。わざわざ書店に行かなくても、電子サイトで購入もできます。

 

私はエッチな漫画が好きですが、BL系はあえて避けていました。けれど、ちょっと興味本位で「絶倫地獄~もう一度、俺の子を身ごもれ。」を試し読みしたら、絵はきれいだし、男同士のエッチに見えないし、気持ち悪いと思っていた先入観が消えて、すごく楽しめました。これからBLマンガにもはまってしまいそうです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

いつも読む漫画とは違うジャンルのマンガを楽しむことができ、月ごとに同じ料金だけ払う形にしていけば、買いすぎることもなくなります。それに無料マンガも豊富にそろっているし、いろんな漫画読み放題なんて、マンガ好きにはたまらない世界です。

 

 

 

コミックシーモアでは、多数の漫画を配信しており、中にはキャンペーンでお得な無料漫画も読むことができます。試し読みは登録不要ですが、会員登録すると好きな時間に好きな場所で自由に多数のマンガを読むことができます。

 

会員登録も自由ですが、退会も自由です。

 

気になる方はコミックシーモアトップページから詳細確認をすると安心できると思います。

 

関連記事

コメントは利用できません。

BL好きな自称マッチョ女が書いてます♡

最近の投稿

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。